トップ >> 事業案内 >> 舗装事業 >> 舗装トップ

舗装事業

都市景観や自然環境に配慮した舗装技術を開発し、全国へ向けてノウハウや最新情報を発信しています

新技術で環境保全に貢献

舗装事業

西濃建設の舗装事業は、今のように環境保護が叫ばれる以前から、積極的にリサイクル活動に取り組んできました。
アスファルトによる舗装にも、環境に配慮した新しい技術が生きています。
独自に開発されたリサイクル関連の製品・技術は、次々に実用化され、各方面から注目を集めています。なかでも産業廃棄物として処理されるしかなかったものを、新素材として活用しようという取り組みがはじまっています。
下水汚泥リサイクル原料、廃ガラスびんを利用した人工の細骨材「グラスメレー」をはじめ、高い品質で省資源と公害対策に貢献するアスファルト合材のリサイクルに積極的に取り組んでいます。
こうした長年の取り組みが評価され、再資源化貢献企業会長賞、リサイクル推進功労者表彰をはじめ岐阜県環境保全協会会長賞など数多い表彰を受賞しています。
有効利用できる廃材資源の可能性を模索しつつ、さらに新しいリサイクル方法の開発に取り組み、今後はさらに幅広い分野、用途への展開を視野に技術を高めていきます。

ページの最上部へ